相続・贈与以外の

  税に関するお問い合わせは… ↓

          ㈱テラダ会計センター

 沼崎健一行政書士事務所       

木下社会保険労務士事務所

    田井中小企業診断士事務所       

株式会社テラダ会計センタ―

沼崎健一税理士事務所は

TKC全国会会員です

TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

贈与の特例の活用①

 配偶者に対する居住用不動産の贈与

制度の概要

  夫から妻へ、妻から夫へ居住用不動産やその購入資金を贈与する場合には、

  2,110万円までは贈与税がかかりません

    ( この制度による控除額2,000万円 + 贈与税基礎控除額110万円 )


  注意点 

     贈与税に関係なく、不動産取得税、登録免許税がかかってきます。      


適用条件

婚姻期間

 20年以上 (戸籍上の婚姻期間)

贈与財産

 居住用不動産または居住用不動産の購入資金

居住要件

 受贈者が贈与を受けた年の翌年3月15日までに居住し、

 以後も引き続き居住する見込み

重複の可否

 同一夫婦間で、1回限り

申告要件

 贈与税の申告が必要 (税金が不要の場合でも)


居住用不動産とは?

 贈与を受けた夫や妻が住むための国内の家屋またはその敷地

 居住用家屋だけや居住用家屋の敷地だけの贈与を受けることもできます

 

 ただし、敷地だけの贈与を受けるときには

  (ア)夫または妻が居住用家屋を所有していること

  (イ)贈与を受けた配偶者と同居する親族が居住用家屋を所有していること

 のどちらかの条件に当てはまることが必要です。